もらったマイナンバーの管理はどうすればいいの?

マイナンバーの管理

平成28年から使用されるマイナンバーについて、いろいろな情報が飛び交っています。

 

基本的なマイナンバーの理念は多くの人に理解されていますが、管理について誤った情報も少なくありません。

 

マイナンバーの管理は重要です。

 

この番号があれば個人の経済活動を知ることができるからです。

 

もちろん、そのためには行政機関や金融機関など決められた手続きが必要です。

 

気軽に情報を入手することはできないのです。

 

誤解されていることの多くは番号が漏れただけですべての情報が筒抜けになってしまうと言うことです。

 

社会保障や納税、年金など国民として受けられる権利、納付しなければならない税金などを明確にすることがマイナンバーの役割です。

 

個人を特定することで、それが可能となるのです。

 

マイナンバーはクレジットカードなどと同じように一人に1枚ずつ発行されます。

 

そこに書かれている番号が重要なのです。

 

カードの管理は個人に任されていますから、各自で確実に保管しておくことが大切です。

 

そのことに対して大きな不安を持っている人も少なくありませんが、マイナンバーカードは銀行の印鑑と同じようなものです。

 

大切な引出しにしまっておけばいいのです。

 

万が一紛失した場合には新しいカードを作ることができます。

 

マイナンバーカードで不正を働こうと考えている人は具体的にどのような方法をするのでしょう。

 

マイナンバーを知っても、それだけでお金を盗むことはできません。

 

マイナンバーは重要ですが、必要以上に不安を持つことはないのです。

マイナンバーとは

マイナンバー制度が始まることで、不安に感じている人が少なくありません。

 

これまで以上に税金を取られるのではないかと思うのです。

 

ただ、これは大きな誤解があります。

 

税金の額が増えるのではなく、これまで払うべき税金を払ってこなかっただけなのです。

 

正直に申告する人が損をする社会はどこか間違っているのです。

 

それを正すためにマイナンバーがあるのです。

 

マイナンバーはカードで提供されますが、その番号データは勤務している企業や行政機関でも利用します。

 

定められた手続きにしたがって、それぞれの団体がマイナンバーを管理します。

 

マイナンバーの管理がずさんな場合は処罰を受けることになります。

 

したがって、個人がマイナンバーの管理で必要以上に考えることはありません。

 

銀行の印鑑を管理するのと同じレベルのことです。

 

紛失した場合にはすぐに届け出をして、番号の再発行を依頼しなければなりません。

 

マイナンバー制度は世界の主要国で実施されています。

 

もちろん呼び名は違います。

 

趣旨は同じですから、日本もそれらの先進国に倣っているのです。

 

いまだ、マイナンバーのことをよく理解していない人はインターネットの情報を読んで理解しなければなりません。

 

ただ、税制などが変わる度にそれを正確に理解しているのは専門家だけです。

 

一般の人はその概略だけを知っているにすぎません。

 

マイナンバーも同じレベルと考えていいでしょう。

 

受けるべき社会保障が確実に受けられる社会となります。