保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

生命保険料控除はした方がよい

「生命保険料控除はした方がいいの?」と疑問に感じている人も多いでしょう。

 

結論からいうと、絶対にした方が良く、何もしないのは非常に勿体無いです。

 

なぜなら、生命保険料控除をすることによって、所得税と住民税が安くなるからです。

 

控除対象となる保険としては、生命保険契約をはじめ、生命共済、年金共済などがあります。

 

対象期間は、その年の1月1日~12月31日までに支払った保険料です。

 

では、生命保険料控除の手続きは、どこでどのようにして行えばいいのでしょうか?

 

生命保険料控除のために必要な手続きは、会社員と自営業者で異なります。

 

会社員の場合は、生命保険料控除証明書を給与所得者の保険料控除等申告書と一緒に勤務先に提出してください。

 

そうすれば、年末調整で控除されます。

 

自営業者の場合は、生命保険控除証明書を確定申告書と一緒に提出しましょう。

 

面倒だと感じるかもしれませんが、生命保険料控除を行うことによって、支払った保険料に応じて税金が安くなるので、必ず手続きをするようにしてください。

生命保険を受け取った場合の相続税について

生命保険を受け取った場合、相続税はかかるのでしょうか?

 

結論からいうと、税金はかかります。

 

相続税と聞くと自分たちには関係のないようなイメージが強いですが、生命保険も含まれるので、誰にでも関係があると思ってください。

 

まず、生命保険の死亡保険金は、みなし相続財産になりますが、一定金額が非課税となります。

 

非課税金額は、「500万円×法定相続人の数」によって求められます。

 

つまり、法定相続人の数が5人の場合だと、2500万円が非課税となるということです。

 

例えば、旦那さんが死亡して5000万円の保険金が支払われて、妻と子供達の3人が法定相続人だったとします。

 

この場合には、500万円×3人という計算になり、1500万円が非課税となります。

 

そして、5000万円から1500万円を差し引いた3500万円というのが相続税の課税価格に参入する金額です。

 

このように、生命保険が支払われると相続税がかかってしまうので、そのことを考慮して、生活をするようにしないといけません。