保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

生命保険の選び方

生命保険の選び方

  • 生命保険の種類を決める
  • 保障金額を決める
  • 保険期間を決める
  • 保険料を決める

 

まず、生命保険の種類を決めてください。

 

定期型や終身型があるので、それぞれの特徴を知り、自分に合ったものを選びましょう。

 

定期型は、保険料が安い代わりに貯蓄性はありません。

 

一方、終身型は、保険料が高い代わりに貯蓄性もあります。

 

どのくらいの保障金額が必要なのかも、生命保険を選ぶ時に重要です。

 

独身なのか?それとも、家族がいるのか?によって、必要な保障金額は異なります。

 

家族が多い場合は、それだけ保障金額を多くしないといけません。

 

また、いつまで保険が必要なのかも、しっかりと考えるようにしてください。

 

保険期間が短すぎるのはリスクが高いですし、長すぎると保険料を無駄に支払うことになります。

 

そして、保険料によって生活を圧迫してしまうケースも多いので、無理のない保険料を支払うようにしましょう。

 

以上のことを踏まえて、複数の生命保険会社に見積もりをもらい、保険料を比較してみてください。

生命保険の格付けについて

生命保険の格付けとは、各保険会社の財務力を記号で表したもので、AAAという記号が最も評価が高いです。

 

格付けを行っている会社としては、スタンダード&プアーズ、ムーディーズ、ICRなどが有名でしょう。

 

この格付けで分かるのは、支払い能力がどのくらいあるのかということです。

 

生命保険会社の保険金の支払い能力が低い場合、死亡したとしてもきちんと保険金を受け取れない可能性があります。

 

それでは契約している意味が全く無いので、ただ無駄にお金を支払っていたことになってしまいますね。

 

安心して契約をするためにも支払い能力が高い保険会社を探す必要があり、その際に用いられるのがこの格付けというものなのです。

 

格付けを行っている会社によって各保険会社の評価は異なるので、1社だけではなく複数の格付け会社の評価を確認された方が良いでしょう。

 

生命保険を選ぶ時にこの格付けを気にしていない人が多いですが、万が一のことを考えてチェックされた方が良いです。

 

誰もが知っているような大手保険会社でも100パーセント安全という訳ではないので、格付けでどのくらいの評価を受けているのかを調べてみましょう。