保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

生命保険の仕組み

生命保険と聞くと分かりづらいイメージがありますが、ある程度の知識を持っておかないと保険料を払いすぎて損をすることがあります。

 

生命保険を理解する上で大事なことは、その仕組みです。

 

仕組みを知ることによって、生命保険がどういったものなのか理解することができます。

 

まず、生命保険は、主契約(基本契約)と特約保険(オプション契約)で構成されています。

 

主契約とは、定期保険や終身保険、収入保障保険、医療保険といった核となる契約のことです。

 

そして、特約とは、主契約には含まれていないオプション的な保障のことをいいます。

 

主契約は1つしか契約できませんが、特約はいくつでも付帯させることができるでしょう。

 

また、特約は基本的に取り外しも自由です。

 

生命保険はこのような仕組みになっており、契約する主契約や特約によって保険料が大きく異なります。

 

保険会社は私たちが支払う保険料を株式や債権などに投資をすることで利益を出し、運営を行っているのです。

 

その利益を元に、契約者に保険金を支払っています。

生命保険の種類

生命保険は大きく3つに分けることができます

  • 定期保険
  • 養老保険
  • 終身保険

 

定期保険は掛け捨ての保険なので、満期を迎えてもお金は戻ってきません。

 

しかし、高額保障を受けることができるというメリットがあります。

 

また、満期の間までに死亡した場合は死亡保険金を受け取ることができるでしょう。

 

そのため、貯蓄性はありませんが、保障性は非常に高い保険だといえます。

 

養老保険とは、年々お金が貯まっていく保険のことです。

 

満期までの間に死亡した場合は死亡保険金を受け取ることができますし、満期まで生存していた場合は満期保険金も受け取れます。

 

保障性は高いとはいえませんが、貯蓄性は高い保険です。

 

終身保険は、死亡するまでずっと保険が継続されます。

 

死亡した場合には保険金を受け取ることができ、解約時にはお金が戻ってくるでしょう。

 

つまり、保障性と貯蓄性を兼ね備えた保険ということになりますね。

 

このように、それぞれ特徴が異なるので、自分に合ったものを選択するようにしてください。