保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

失業保険のもらい方

失業保険をもらいたいと思っても、どうやってもらえば良いのか分からないという人もいるのではないでしょうか?

 

そこで、失業保険のもらい方を詳しくご説明いたします。

 

失業保険のもらい方

  • 失業保険申し込みの手続きを行う
  • 説明会に参加する
  • 認定日に失業の認定を受ける

 

まず、失業保険の手続きをするためにも、ハローワークに行ってください。

 

この時に必要なものは、身分証明書(運転免許証など)、印鑑、銀行の通帳、証明写真、離職票、雇用保険被保険者証です。

 

これらがないと手続きを行うことができないので、忘れ物のないようにしっかりと用意しましょう。

 

その後、指定された日に行われる説明会に参加します。

 

この説明会に参加しないと、失業保険を受け取ることはできません。

 

そして、認定日にハローワークに行き、失業の認定を受けます。

 

自己都合退職と会社都合退職では、失業保険の受給開始日が異なりますが、認定日にハローワークに行き、認定を受けなくてはいけないのは同じです。

 

それに、どちらの場合でも、早く手続きをすれば、それだけ早くもらえますから、先延ばしにせずにハローワークに行きましょう。

失業保険は誰でももらえるか?

失業保険は、誰でももらえるという訳ではありません。

 

1つだけ条件があります。

 

その条件とは、再就職する意思があるのかどうかです。

 

もし、再就職しようと思っていないのであれば、失業保険をもらうことはできません。

 

ただ、基本的に再就職する意思があるのであれば、どなたでももらうことができます。

 

失業保険はあくまでも再就職をサポートする制度なので、再就職をする意思がないと適用されないのです。

 

失業保険が適用されると、労働をしなくても一定の金額をもらうことができます。

 

このお金を利用しながら、再就職先を探すというのが、失業保険の目的です。

 

お金に余裕がないと生活することができないので、就職活動にも大きな影響を与えます。

 

そのため、失業した方は失業保険の手続きを行い、まずは生活を安定させて受給期間中の就職を目指してください。

 

失業保険をもらうのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、これは私たちの権利なので、利用しないよりも利用した方が良いです。