保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

子供の教育費はどれくらい必要か

子供を大学まで通わせたらいくら必要か?

 

学資保険の加入を考える時に、問題になってくるのが満期の受け取り金額だと思います。

 

学資保険を利用する方の中には、子供が大学を卒業した後に満期日を設定し、目的を就職資金、結婚資金とする方も多いようですが、子育ての教育費用は想像している以上に掛かるものです。

 

自分の子供が大学まで進学したとして、一体どれくらいの教育費が掛かるものなのか、文部科学省の子どもの学習費調査を元にして見てみましょう。

 

:幼稚園
授業料、給食費、習い事などを合わせた3年間の学習費の合計は、公立で約75万円、私立で約162万円となっています。

 

:小学校
給食費、学習塾や習い事などを合わせた6年間の合計は、公立で約200万円、私立で約824万円です。

 

:中学校
3年間の合計は、公立で約142万円、私立で約381万円

 

:高校
3年間では、公立で約156万円、私立で約314万円

 

:大学
入学費用と在学費用などを合わせた4年間の合計は、国公立大の学費で約518万円、私立大学の文系の学費で約671万円、私立大学の理系の学費で約828万円。

 

大学の場合、実家を離れて一人暮らしをするなどによっても金額は大きくかわってくるので注意が必要です。

 

学資保険は満期時に一括でお金を受け取るイメージがありますが、自分の計画に合わせて受け取る時期を細かく設定する事も出来ます。

学資保険は加入できない場合がある

学資保険と聞くと、子供の教育費の為の積立保険と言ったイメージがあるので、誰でも加入出来ると考えている方が多いと思います。

 

実際には、いろいろな理由で加入出来ないケースもあるようです。

 

学資保険も保険と名前が付いている以上、一般的な生命保険と扱いは同じになります。
親や子供の現在の健康状態に不安がある場合や、過去に重大な病歴があった場合には、その保険会社の規定によって加入出来ない場合もあります。

 

保険契約者の年齢制限も設定されています。
男性で18歳、女性は16歳から始まり60歳までなどがそうですが、これは保険会社や保険商品によって異なるので、年齢に不安がある場合には確認しておく必要があります。

 

もちろん、被保険者の子供にも年齢制限があります。
通常15歳までと決められているようですが、これも保険内容によって異なるので注意が必要です。

 

ちなみに、学資保険は子供が産まれてから加入する保険と思われているかもしれませんが、産まれる前から契約出来る保険会社もあるようなので、その方な保険も討してみてはどうでしょうか?

 

学資保険の契約時にウソの告知内容を行った場合、告知義務違反となって保険金が受け取れなかったり、一方的に保険契約を解除される事もあります。

 

自分の為にも子供の為にも、加入する際には契約内容をきちんと確認して理解しておきましょう。