保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

最近話題の持病や健康じゃなくても入れる保険ってどうなのか?

持病や健康に不安があっても、医療保険って加入出来るんでしょうか?

 

医療保険を選ぶ時、一度は疑問に思った事があると思います。

 

確かに、一般的な医療保険では、持病があったり最近の通院歴がある場合には加入出来ない事になっています。

 

もし、この事を保険会社に告知していなければ「告知義務違反」となり、強制的に解約させられたり、保険金がもらえなくなる可能性もあります。

 

その為、健康状態に不安がある人向けの医療保険も、各保険会社から様々なものが販売されています。

 

「引受基準緩和型保険」
告知の項目が簡素化されていますが、保険会社の判断によっては加入出来ない可能性もあり、保険料も通常の医療保険に比べて高めに設定されていることが多いでしょう。

 

「無選択型保険」
健康状態に関係なく告知義務もありませんが、保険料がより高く設定され、保障の範囲も限定的なものが多いようです。

 

更に、これらの保険は、給付金の支払い条件についても様々な取り決めが細かく定められている為、請求しても給付金が受け取れないケースもあります。

 

このように、毎月の保険料を高くしたり、保険給付金を削減したり、または、肝臓や胃腸と言った既往症に関連した部位は不担保にしたりする事で一般の医療保険との公平性を保っているようです。

 

もし、加入を検討される場合は、余計なトラブルを回避する為にも、加入条件や保障内容を事前によくチェックしておく事が重要だと思います。