保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

介護保障保険ってどんな保険なのか?

40歳以上の方の全てが加入している、国の介護保険は公的な保険として、決められた要介護状態や要支援状態になった際に、日常の生活を支援して貰うなどの様々なサービスが受けられる社会保険制度です。

 

サービスの内容や保険料は、住んでいる市区町村によって異なるので注意が必要です。

 

国の介護保険を補う形で、民間の保険会社から販売されているのが介護保障保険で、保険金、一時金、年金と言った現金の形で契約者に支給される点が、公的な介護保険とは大きく異なります。

 

一般的には、保障内容で決められた要介護状態になった時には、一生涯に渡って介護年金が支払われたり、所定の高度障害や身体障害状態になった場合には、以後の保険料払い込みは不要になったりします。

 

また、介護年金として毎年保険金を受け取っていると、年々死亡保障金が減ってしまい、最終的には死亡保障金が無くなってしまう保険もあるので、保障内容をきちんと理解してから加入するようにしましょう。

 

これからの高齢化社会に備え、要介護状態になった時でも家族に金銭的な面で迷惑を掛けないよう、介護保障保険への加入を検討している方も多いようで、注目の保険とも言えるかもしれません。

 

ただし、このような介護保障保険は、今後も時代と共に続々と新しい保険商品が販売される事が予想されます。

 

保障内容は満足だけど保険料が高い保険や、比較的軽度の介護状態から保障してくれる保険など、様々なタイプのものがあるのでじっくりと比較検討する事が大切です。