保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

今の学資保険から見直したい時はどうしたらよいか

子供が産まれたからと、勧められるままに何となく学資保険に加入した方も多いと思います。

 

その時は、将来の子供の進学資金になるからと思っていても、実際に契約内容を確認してみると支払う保険料が満期にもらう返戻金よりも多くなっている事が多くあるようです。

 

最近では、学資保険と言っても様々な保障内容が付加されている保険も続々と販売されています。

 

学資保険は、一旦契約したら見直しがきかない保険といったイメージがありますが、学資保険も通常の生命保険と同じように見直しが可能です。

 

子供に医療保障や死亡保障が付加されている場合は、一般的に保険料は高めに設定されています。
もし、親の生命保険や自治体の医療保障があるので、貯蓄部分に重点を置きたいと考えるのならば、その保障を外した保険に加入し直す事をオススメします。

 

もちろん、途中解約をした場合は支払った保険料が下回って戻ってくるデメリットがあります。

 

しかし長い目で見た時に、必要のない保障部分に余計な保険料を支払っていくよりも、満期時に返戻金が少しでも多くなる学資保険に加入し直した方が、マネープランも立てやすくなるのではないでしょうか?

 

どうせ保険の見直しをするのなら、早い方がいいに決まっています。
今の学資保険内容に少しでも不安や不満があるようでしたら、ぜひ見直しを検討して下さい。