保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

生命保険と共済の違いについて

生命保険と似たシステムの「共済」というのを聞いたことがあると思います。

 

国民共済・県民共済・JA共済などは、CMでも見かけることが多いので有名で、これらのチラシをポスティングされた経験があるお宅も多いのではないでしょうか?

 

でも、その内容を読んだことはないかもしれませんね。

 

大抵の場合は、亡くなった場合の保障や病気や事故の場合の保障内容、掛け金などが書かれているはずです。
それらを見ると生命保険と同様に感じられますが、その掛け金はずいぶん安くなっています。

 

生命保険と共済の違いは、生命保険が営利目的の企業が運営しているのに対して、共済は非営利団体が運営している点です。

 

生命保険では、掛け金として預かったお金を運用して利益を出しますから、基本的に希望者は誰でも保険に加入することが出来ます。

 

それに対して、共済は全労済・各都道府県や市町村・JAやコープなどの団体が行なっているので、その団体に加盟していなければ共済に加入することはできません。

 

県民共済(都民共済・府民共済・道民共済)は、自分が在住している各都道府県のものでなければ加入できません。

 

また、共済は基本的に非営利なので、生命保険と比べると掛け金が格安です。

 

もちろん、保障内容も生命保険とは違いがありますから、より手厚い保障や様々なオプション保障を求めるのであれば、生命保険の方が希望に沿ったものが見つけられるでしょう。