保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

積立保険と掛け捨て保険 どっちがお得か?

保険には貯蓄性のある積立保険と、保険料が安価な掛け捨て保険があります

 

初めて保険に加入しようとした場合には、どちらの保険に加入した方がトクなのか迷ってしまう方も多いはず。

 

積立保険と掛け捨て保険、どちらがおトクな保険になっているんでしょうか?

 

積立保険
こちらの保険は決められた保障内容と一定額の満期保険金や解約返戻金が設定されています。

 

掛け捨て保険
決められた保障内容は同じですが、満期を迎えても戻ってくるお金は約束されていません。

 

つまり、それまでに支払った保険料は一切戻ってこない仕組みになっていますが、その代わりに保険料が安くなっています。

 

それでは、どっちが良いのでしょうか?
それは現在の自分のライフプランで判断するしかありませんが、貯蓄性を保険に求めるのかどうかがひとつのポイントになります。

 

保険の第一の目的は万一に備えての保障なので、その点さえクリアしている保険であれば、積立でも掛け捨てでもどちらでも良いと思います。

 

経済的に苦しければ、毎月支払う保険料が安い掛け捨てを選択する事になりますが、余裕がある場合でも保険は掛け捨てにして、余裕の出来た資金を他の投資商品に回す方法もあります。

 

個人で貯蓄するのが苦手な方や面倒な方なら、積立保険を活用する事で将来の貯蓄も実現出来るでしょう。

 

保険会社によっては、同じ保障で積立と掛け捨ての両方の商品を用意している場合もあるので比べてみると面白いと思います。

ネット完結型保険ってどうなのか?

もし、あなたが既に何らかの生命保険に入っているとしたら、加入時の手続きはどんなでしたか?

 

あるいは、あなたのご両親が保険に加入した時の手続きがどんなだったかご存知でしょうか?

 

以前は保険勧誘員から書類を受け取り、病院で健康診断を受けた結果を添付して提出し、その結果が出るまでにも数日間かかるのが通常でした。

 

健康診断の結果を受けて再検査を受けさせられたり、結局、加入できないということもありました。

 

しかし、最近増えてきているネット完結型の生命保険は、インターネット上で各商品の保障内容や掛金を見て気に入ったものがあれば、そのままホームページのフォームやメールで申し込みをするだけという手軽なものです。

 

病院での健康診断の結果を添付する必要もなく、基本的には保険会社で用意した質問事項に答えるだけです。

 

特定の不可条件に当てはまっていなければ、当日中に申込が完了してしまうというスピーディーさが魅力となっています。

 

もちろん、メールや電話による事前相談や資料請求にも応じていますから、分からないことがあれば聞くこともできます。

 

何よりも、24時間いつでも好きな時間に申し込みできるというのも、若い人達に受ける理由の一つでしょう。

 

すべての保険が対象というわけではなく、その多くは医療保障タイプの保険ですが、年々対応商品が増えています。

 

比較的充実した医療保障が、お手頃な保険料で用意されているのも魅力の一つです。