保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

倒産しない保険会社を選ぶには?

生命保険は、いざというときや将来のために加入している人が殆どだと思います

 

生命保険は大変高い買い物とも言われており、月々の保険料に苦しんでいる方も多いのではないでしょうか?

 

それもこれも万が一の時の保障を得るため、あるいは、子どもの成長に合わせた出費や老後の生活設計を立てるためなど、それぞれの事情を抱えていると思います。

 

掛金を払っている以上、万が一の時は必ず保障されるものと思っている人が多いはずです。
もし、あなたが加入している保険会社が、あなたの保険が満期になる前に、または保険金を受け取る前に倒産してしまったらどうなるんでしょうか?

 

当然、あなたへの保険料は支払われなくなってしまい、そればかりか長年掛けてきた掛金も、捨てることになってしまうんです。

 

そんな事にならないように、倒産するような保険会社の加入は避けたいものです。

 

景気の良い時は、倒産のことなどほとんど考える人もいないでしょうが、決して好景気とは言えない状況が長く続く中、実際に銀行や保険会社が倒産したのは衝撃的なニュースとして今でも覚えている人が多いと思います。

 

それでは、少しでも安心な保険会社を選ぶにはどうしたら良いと思いますか?

 

まず、保険会社はその信用度による格付けが行われています。
保険会社の格付はインターネットでも公開されていますから、誰でもみることができるので保険会社を選ぶ一つの基準として参考にするとよいと思います。

養老保険について

生命保険とは、基本的に被保険者が高度障害を負ったり死亡した場合に定められた保険金を補償してもらうというものです。

 

しかし、最近では、貯蓄性をもたせたタイプの生命保険の人気がますます高まっています。政府の年金制度への不安や将来への不安から、老後を心配する人が増えているためでしょう。

 

そういう方たちに人気なのが「養老保険」です。

 

養老保険とは、一定期間の間に高度障害を負ったり死亡した場合に保険金が受け取れるのはもちろん、保険が満期になった時点で生存していた場合には「満期保険金」が受け取れるというタイプの保険です。

 

一般的な定期保険では、満期時に生存している場合には保険料は掛け捨てで戻って来ませんが、養老保険では満期を迎えた場合にも保険料を受け取れるという保険なのです。

 

死亡しても生存していても保険金が受け取れるのですから、素晴らしいですよね。だったら、わざわざ掛け捨ての定期保険などに加入せず、養老保険に入りたいと誰でもが思うところですが、当然ながら同じ規模の死亡保険金を受け取りたいと思えば、月々の保険料は相当高くなります。

 

一昔前のバブルの時代には、満期保険金が払込保険料を上回っていたため、大変人気が高かったそうです。

 

でも、現在のような景気の具合ではそれほど利率は高くないため、満期保険金が支払保険料を上回ることはまずないと考えた方が良いでしょう。

 

つまり、支払った金額が丸々戻ってくるわけではないため、貯蓄をメインに考えるなら払戻金額が預金額を下回ることのない銀行の方がいいですね。