保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

積立保険ってどんな保険

よく耳にする積立保険って、実際にはどんな保険商品なのか知っていますか?

 

積立保険とは、毎月少しずつ保険料を積立ていき、期日になるとボーナスが受け取れたり、満期日になると満期金を受け取れる仕組みになっている保険で、貯蓄性が高い保険なので将来に備える事が出来ます。

 

養老保険
まとまった資金と共に万一の死亡や高度障害保障にも対応出来る

 

個人年金保険
老後のゆとりある生活の為

 

学資保険
子供の将来の教育資金を準備する

 

 

ただし、積立保険は通常の掛け捨て型の保険よりも保険料が高くなるので、現在の経済状況を考慮して無理なく支払える金額なのかを契約前に確認しておく事が大切です。

 

貯蓄性があるからと言って、無理して高い保険料を支払い続けていると、途中解約しなければならない事態に陥る可能性もあります。

 

そうなってしまうと、せっかく今まで支払っていた保険料がムダになってしまうケースもあるので注意して下さい。

 

また、最近の低金利によって、以前のように保険会社が運用し大きなリターンを期待するようなた時代でもありません。

 

万一の保障と一緒にコツコツと将来の為に貯蓄したい方や、自分で貯蓄するのは苦手と言う方にオススメなのが積立保険だと言えるでしょう。

 

どちらにしても解約返戻金の額なども考慮して、途中解約して損をしないように満期日まで保険料を支払い続ける事が出来るようにする事が重要だと思います。

定期保険について

いざ生命保険に入ろうと思うと、あまりにもいろいろな種類があって訳がわからないという人も多いと思います。

 

その中でもよく見かけるのが、「定期保険」という言葉です。

 

定期保険とは、その保険がどんなタイプなのかを示す一つの分類方法です。

 

例えば、一般的な生命保険でも、こども保険でも、女性特有の保険でも、がん保険でも、入院保障の保険でも、「定期保険」があると思います。

 

定期保険とは「保険の保障期間が特定期間だけに定められている保険」です。

 

保険料を支払っている期間だけが保険金支払いの対象期間で、満期日を超えて高度障害入院や死亡した場合には保険金は支払われません。

 

俗にいう「掛捨て保険」を指しています。

 

一般的に、定期保険は月々の保険料を安くする目的で「その保険の死亡保障の部分だけ」に適用されることが多いです。つまり、保険期間内に死亡すれば保険金が支払われますが、保険期間満期時点で生きていれば月々の保険料は掛け捨てで戻らないという事になります。

 

しかし、最近では、さまざまな商品が用意されていますから、死亡保障の部分だけが掛け捨てで、それ以外に積立形式の保険金が満期時に支払われる養老タイプの保険などもあります。

 

定期保険は、死亡時や高度障害時の補償金額が大きい割に、月々の掛金が安いのが魅力です。

 

近年では、掛け捨ての保険が嫌われる傾向がありますが、世帯主の場合にはどうしても万が一の死亡保障は付けたいところです。