保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

学資保険に加入するメリット・デメリット

子供が産まれた時、誰でも一度は考えると思われる保険に学資保険があると思います。

 

学資保険とは、自分の子供が将来十分な教育が受けられるよう、早めに教育資金を準備するひとつの方法です。

 

そんな学資保険に加入するメリット、デメリットをしっかりとチェックしてみましょう。
加入した際のメリットについて
学資保険の保険料を毎月積み立てて支払う場合、親にもしもの事があった場合はそれ以降の保険料は免除となり、期日になると満期金は全額もらえるシステムになっています。

 

また、教育資金と言う性質から個人で貯める場合は、どうしても後回しになりがちですが、毎月積立てる事で自然と必要な資金を貯める事が出来ます。

 

加入した際のデメリットについて
学資保険には特約を付ける事が出来ますが、この特約部分については掛け捨てである場合が多いようです。

 

つまり、満期金を受け取る段階では元本割れになってしまい、受け取る給付金よりも払い込んだ保険料の方が多くなってしまうケースも少なくありません。

 

これは、学資保険の中に子供の医療保険も含んでいる場合に多く起こる現象なので、このような場合、子供の医療保険は別に考えた方が良いでしょう。

 

それに、親の生命保険がどれくらいの額になっているかによっても、学資保険の必要性は変わってきます。

 

親に十分な保障を付けている場合、学資保険加入時のメリットは小さくなると思います。