保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

有期年金とは

個人年金保険で契約時に定めた期間、10年、15年など支給される期間があらかじめ定められている年金。

 

その期間に達しなくても、本人が死亡すれば年金は支払われません。

 

その際、残りの期間分を一時金として遺族に支払うことが決められている場合を「確定年金」といいます。
これに対し、国の年金のように死亡するまで一生受けられる年金を「終身年金」といいます。

 

◆確定年金の場合、被保険者が死亡したときは、残りの期間分が年金または一時金として遺族に支払われる。
有期年金・確定年金に対し、期間を定めず生涯にわたって年金を受け取れるものを終身年金という。

関連ページ

約款
保険用語で使われる約款について解説しています
養老保険
養老保険について解説しています