保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

付加保険料とは

付加保険料とは、民間保険において契約者が支払う保険料のうち、保険会社の経費として使われる部分のこと。

 

保険会社が契約者から受け取る保険料は、保険金・給付金・満期返戻金の支払いなどの財源となる純保険料と、保険会社が保険事業を営む上で必要な費用に使われる付加保険料の2つによって構成されている。

 

付加保険料には

  • 新契約の締結・成立に必要な経費(予定新契約費)
  • 保険料集金に要する経費(予定集金費)
  • 保険期間を通じて契約を維持管理するための経費(予定維持費)

 

以前は、予定事業費の設定には、事前に主務官庁の認可が必要だった。
2006年の保険業法施行規則の改正において、保険会社の経営効率化等の経営努力を保険料に適切に反映させる観点から、事後モニタリング方式への変更が行われた。

 

これにより、保険会社は定期的に事業費の収支状況を主務官庁に報告するという形になっている。

 

 

→(参照)純保険料営業保険料

関連ページ

賠償責任保険
賠償責任保険について解説しています
非割合再保険
非割合再保険について解説しています
払済保険
払済保険について解説しています
被保険者(公的保険)
被保険者(公的保険)について解説しています
被保険者期間
被保険者期間について解説しています
保険計理人
保険用語で使われる保険計理人について解説しています
保険金額
保険用語に使われる保険金額について解説しています
保険価額
保険価額 について解説しています
保険料納付要件
保険料納付要件について解説しています
保険料納付期間
保険料納付期間について解説しています
保険料免除期間
保険料免除期間について解説しています
報酬比例部分
保険用語における報酬比例部分について解説しています
被扶養者
保険用語における被扶養者について解説しています
保険の仕組み
保険の仕組みについて説明しています