保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

保険金額とは

保険金額とは、保険契約において約束されている金額のことをいう。
通常、保険金と保険金額は同義です、その内訳は満期、死亡、災害、高度障害などとなっています。

 

生命保険では、保険事故が発生した場合に支払われる一定の金額(給付額)を意味し、損害保険では、損害填補金の最高限度額を意味する。

 

保険契約者と保険会社との契約によって定められ、保険金額に似ている言葉として「保険金」がある。

 

生命保険における保険金とは、被保険者に保険事故が生じた場合(死亡や高度障害状態など)、あるいは満期まで生存したときに保険者から受取人に対して支払われるお金のことをいう。

 

損害保険における保険金とは、保険事故が発生して損害が生じたとき、その填補のお金として保険会社から受取人に支払われる金銭のことをいう。

関連ページ

賠償責任保険
賠償責任保険について解説しています
非割合再保険
非割合再保険について解説しています
付加保険料
保険料の中の付加保険料について解説しています
払済保険
払済保険について解説しています
被保険者(公的保険)
被保険者(公的保険)について解説しています
被保険者期間
被保険者期間について解説しています
保険計理人
保険用語で使われる保険計理人について解説しています
保険価額
保険価額 について解説しています
保険料納付要件
保険料納付要件について解説しています
保険料納付期間
保険料納付期間について解説しています
保険料免除期間
保険料免除期間について解説しています
報酬比例部分
保険用語における報酬比例部分について解説しています
被扶養者
保険用語における被扶養者について解説しています
保険の仕組み
保険の仕組みについて説明しています