保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

保険の仕組みについて

「保険」とは、「保険者」と「保険契約者(被保険者)」、「保険契約」という3つの要素から成り立っている仕組みです。
「保険者」というのは、保険事業を行う主体のことを言います。

 

「保険契約者」とは、保険に加入する人のことを言うもので、公的保険の場合には「被保険者」と呼ばれます。

 

民間の保険会社による保険を例にとってみると損害保険会社や生命保険会社などが「保険者」となって保険契約社が火災保険や自動車保険、生命保険などの保険契約を結び保険料の支払いをすれば、保険契約が成立したということになります。

 

民間企業の保険会社による保険では保険料の支払いは全て保険契約者がすることになりますが、社会保険や労働保険などの保険料については、従業員と会社側がそれぞれ負担するという形になります。

 

その場合に実際に保険金の給付を受けるのは従業員です。

 

社会保険や労働保険の申請をしたり給付の手続きをしたりするためには社会保険事務所や労働基準監督署、各市区町村役場など、それぞれの保険の事務担当窓口を訪れる必要があります。

 

一般のサラリーマンの場合と自由業や自営業の場合、公務員の場合は保険の種類や手続きなどの方法が異なることになりますので注意しましょう。

関連ページ

賠償責任保険
賠償責任保険について解説しています
非割合再保険
非割合再保険について解説しています
付加保険料
保険料の中の付加保険料について解説しています
払済保険
払済保険について解説しています
被保険者(公的保険)
被保険者(公的保険)について解説しています
被保険者期間
被保険者期間について解説しています
保険計理人
保険用語で使われる保険計理人について解説しています
保険金額
保険用語に使われる保険金額について解説しています
保険価額
保険価額 について解説しています
保険料納付要件
保険料納付要件について解説しています
保険料納付期間
保険料納付期間について解説しています
保険料免除期間
保険料免除期間について解説しています
報酬比例部分
保険用語における報酬比例部分について解説しています
被扶養者
保険用語における被扶養者について解説しています