保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

一時所得

一時所得とは、利子所得・配当所得・不動産所得・事業所得・給与所得・退職所得・山林所得・譲渡所得以外の所得のうち、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得で労務その他の役務の提供または資産の譲渡の対価としての性質を有しない所得のことをいう。

 

一時所得に該当する例
・懸賞や福引きの賞金・賞品(業務関係を除く)。
・競馬・競輪(チャリロトを含む)・競艇・オートレースの公営競技の払戻金。
・生命保険金の一時金(業務関係を除く)・損害保険の満期返戻金。
・法人から贈与された金品(業務関係、継続的に受けるものは除く)。
・遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金。

 

 

一時所得の計算は下記の通りであり、優遇された課税となっている。
一時所得金額={(収入金額-必要経費)-50万円)}÷2

 

総収入金額-その収入を得るために支出した金額-特別控除額(年間最高50万円)=一時所得の金額となる。
一時所得の金額の1/2に相当する額が課税対象となる。

関連ページ

アクチュアリー
アクチュアリー(Actuary)の資格取得、業務内容について解説しています
アセットシェア方式
生命保険会社が保有する資産の配当方式、アセットシェア方式について解説
アセット・ライアビリティー・マネジメント
Asset Liability Managementの略 金融機関が使用していた資産管理手法について解説
頭金
保険契約時に支払う頭金について解説
遺族基礎年金
国民年金において遺族基礎年金について解説しています
遺族厚生年金
厚生年金保険における遺族厚生年金について解説しています
異常危険準備金
損保保険会社における異常危険準備金について解説しています
一時払
保険を契約する際の保険料の一時払いについて解説
一入院
入院保険における一入院について解説しています
一部損
地震保険における一部損について解説しています
一部保険
損害保険契約における一部保険について解説しています
一般勘定
保険会社が保険料の運用を行う一般勘定について解説
一般自動車保険
最も基本的な自動車保険である一般自動車保険について解説しています
医療費用保険
病気や怪我で入院した場合に使われる医療費用保険について解説
医療保険
入院や手術などの時に給付金が受け取れる医療保険について解説
延長定期保険
生命保険における延長定期保険について解説しています
医療保障保険
生命保険の目的の一つである医療保障保険について解説しています
維持費
保険料の中の維持費について解説しています
営業職員
生命保険会社においての営業職員について解説しています
営業保険料
保険契約者が保険会社に支払う保険料、営業保険料について解説しています
エリサ法
米国における「従業員退職所得保障法」であるエリサ法について解説