保険初心者から保険の仕事をしてる方へ保険用語や年金用語をわかりやすく解説

延長定期保険

延長定期保険とは、生命保険料の払い込みを途中で中止するが、解約はせずにその時点で計算した解約返戻金を一時払保険料にして、定期保険に変更して死亡保障を続けることである。

 

死亡保険金額は元の契約と変わらないが、保障の期間は短くなる場合がある。延長定期保険への反抗で特約の保障は打ち切られる。
払済保険への変更と同様、保険料の払い込みが困難になったりした場合に利用されることが多い。

 

高い保障をそのままに、とりあえずの保険料負担をなくす場合に有効。

 

→(参照)解約定期保険払済保険

関連ページ

アクチュアリー
アクチュアリー(Actuary)の資格取得、業務内容について解説しています
アセットシェア方式
生命保険会社が保有する資産の配当方式、アセットシェア方式について解説
アセット・ライアビリティー・マネジメント
Asset Liability Managementの略 金融機関が使用していた資産管理手法について解説
頭金
保険契約時に支払う頭金について解説
遺族基礎年金
国民年金において遺族基礎年金について解説しています
遺族厚生年金
厚生年金保険における遺族厚生年金について解説しています
異常危険準備金
損保保険会社における異常危険準備金について解説しています
一時払
保険を契約する際の保険料の一時払いについて解説
一時所得
一時所得について解説しています
一入院
入院保険における一入院について解説しています
一部損
地震保険における一部損について解説しています
一部保険
損害保険契約における一部保険について解説しています
一般勘定
保険会社が保険料の運用を行う一般勘定について解説
一般自動車保険
最も基本的な自動車保険である一般自動車保険について解説しています
医療費用保険
病気や怪我で入院した場合に使われる医療費用保険について解説
医療保険
入院や手術などの時に給付金が受け取れる医療保険について解説
医療保障保険
生命保険の目的の一つである医療保障保険について解説しています
維持費
保険料の中の維持費について解説しています
営業職員
生命保険会社においての営業職員について解説しています
営業保険料
保険契約者が保険会社に支払う保険料、営業保険料について解説しています
エリサ法
米国における「従業員退職所得保障法」であるエリサ法について解説